ぎっくり腰にならないためには、腰は曲げずに〇〇を曲げる?

あいさわ整骨院

0276-56-4335

〒374-0018 群馬県館林市城町16-8

営業時間 : 平日9:30〜12:00,14:30〜20:00
土曜9:30〜12:00,14:30〜17:00
定休日:日曜・祝日

lv

ぎっくり腰にならないためには、腰は曲げずに〇〇を曲げる?

スタッフブログ

2018/05/10 ぎっくり腰にならないためには、腰は曲げずに〇〇を曲げる?

 

皆さま、こんにちは。

ゴールデンウィークはゆっくり休めましたか?

 

 

今回は「ぎっくり腰」についてお話しさせて頂きますね。

 

 

 

これまでに「ぎっくり腰」を経験されたことはありますか?

私はあります・・・とてもつらかったです・・・涙

あんな思いは二度としたくないですね。

 

 

 

経験者であればご理解いただけると思うのですが

ぎっくり腰になると、日常生活がままならなくなります。

 

 

 

立ち上がるにしても、座るにしても痛みを伴います。

移動する時も、ゆっくりゆっくり動くしかありません。

 

 

 

ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛」です。

 

 

 

急に「ギクッ」という痛みが腰に走り、全く動けなくなってしまいます。

東洋では「魔女の一撃」とも呼ばれているくらい、恐ろしい痛みです。

 

 

 

ぎっくり腰なってしまう原因はいろいろです。

少し腰をひねった、お辞儀をした、重たいものを持ち上げた・・・

などです。

あなたの場合はいかがですか?

 

 

 

ぎっくり腰を予防するために大切なことは

「重たいものを持たない事・・・」ではありませんよ。

 

 

 

普段から体の手入れを行っておくことが大切です。

 

 

 

と、言うのも、体に疲れが溜まると腰に疲労が蓄積されます。

腰は体の中心なので全体のバランスを保っています。

 

 

 

腰に疲労がたまると、体のバランスが乱れ

その結果、チョットしたことが原因となって、ぎっくり腰になってしまいます。

 

 

 

主婦の方であれば、お米を持ち上げたり、掃除機をかけたり・・・

会社員の方であれば、背伸びして棚の上のものを取ったり

コピー用紙を持ち上げたり・・・

 

 

 

日常生活ではどうしても、重いものを持ち上げたり

腰をかがめる必要が出てきます。

 

 

 

体の手入れをしっかり行っておくなら

ぎっくり腰を予防できますよ。

 

 

 

 

ぎっくり腰を予防するためのポイントを3つご紹介しますね。

1:十分な筋力を維持する

2:腰回り、股関節の柔軟性の確保

3:重いものを持つときは、膝を曲げて持つ

 

 

 

 

背筋や腹筋は腰回りをガードするために必要な筋肉です。

筋肉がつく事で腰回りが安定し、重たいものや

回転動作を行っても大丈夫な状態を維持してくれます。

 

 

 

特に、背筋は普段の生活では鍛えられない筋肉なので

定期的にトレーニングしてあげる必要があります。

でも、急にトレーニングを始めると、腰を痛めてしまうかもしれませんので

少しずつ様子をみながら行ってくださいね。

 

 

 

また、股関節が柔らかいと地面からの衝撃を吸収してくれます。

その分腰への負担が少なくなります。

 

 

 

そして最後に、重たいものを持つときは…

 

 

 

 

 

%e8%8d%b7%e7%89%a9%e3%81%ae%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%96%b9

 

 

 

 

 

「腰を曲げず、膝を曲げる」

 

 

 

 

これが、大切なポイントです。

 

 

 

今回の情報を是非参考にしていただいて

ぎっくり腰を予防してくださいね。

 

 

 

 

 

【腰痛ヘルニア・交通事故治療専門院】
あいさわ整骨院・はりきゅうマッサージ院

電話 予約優先制:0276-56-4335
住所 群馬県館林市城町16-8
営業時間 : 平日9:30〜12:00,14:30〜20:00
土曜9:30〜12:00,14:30〜17:00
定休日:日曜・祝日

TOP